株式会社ジェネシスホールディングスの株式の取得に伴う連結子会社化(特定子会社化)に関するお知らせ

 当社は、平成 30 年3月 29 日開催の取締役会において、以下のとおり、株式会社ジェネシスホールディングスの株式を追加取得し、連結子会社化(特定子会社化)することについて決議いたしましたので、お知らせいたします。

 

1. 株式の取得の理由等
(1)株式の取得の理由
 情報通信市場においては、インターネット技術や各種テクノロジーの進化等を背景に、あらゆるものがインターネットと繋がっていく「IoT(Internet of Things)」が、世界中において進展しており、いわば、新たな産業革命ともいえる時代に突入しつつあります。これに伴い IoT デバイスの需要は今後増大が見込まれ、2020 年には現在の 2 倍の規模に達するとされています(出典:総務省「平成 29 年版 情報通信白書」)。

 このような市場環境を踏まえ、当社は、中国に製造拠点を有してスマートデバイス製品の企画・開発・製造を行っている株式会社ジェネシスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 藤岡淳一 以下ジェネシスHD)との間で、2015 年5月に業務提携契約を締結し、同年 10 月には同社の株式を取得、持分法適用関連会社として共同で事業を展開してきました。今般、IoT 市場の本格的拡大を睨み、当社として同事業に益々注力していくことを踏まえ、同社の株式の追加取得を行い連結子会社化することを、本日開催された取締役会において決議いたしました。

 ジェネシスHDは、顧客ニーズに合わせた小ロットで自由度の高いスマートデバイスを企画・開発・製造するノウハウを持ち、格安スマホ市場の立ち上がりのきっかけとなった「イオンの格安スマホ」を提供した事でも知られており、目覚ましい成長を遂げている企業です。最近では、タブレット、スマートフォンのみならず VR デバイスや AI ロボットなど、さまざまな IoT デバイスの企画・開発・製造を手がけています。

 当社との間では、これまでもキッズ向けタブレットや店舗向け O2O ソリューションなど、両社の持つ技術、ノウハウを融合したプロジェクトを共同で展開してきましたが、今後、当社が保有する最先端のソフトウェア技術や独自性のあるコンテンツ、サービスと、ジェネシスHDが保有する IoT デバイスのプロデュース力を組み合わせ、ハード/ソフト/コンテンツを融合した新たな IoT 事業創出を推進していく所存です。

 本株式取得に伴い、ジェネシスHDは持分法適用関連会社から連結子会社となります。なお、同社の売上高の総額が当社の売上高の 100 分の 10 以上に相当するため、特定子会社に該当いたします。

 

詳細はこちらからご覧ください

Follow Us