【クライアントインタビュー】日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
対等な立場で本音を言い合える関係性を築き、信頼できるパートナーに

2016年12月5日にリリースされた、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社提供の医療従事者向け情報サイト「ベーリンガープラス」について、ネオスはUI設計、デザイン、コーディングを担当しました。今回、プロジェクトをご担当された淵様に、ネオスとの取り組みやプロジェクトへの思いについて、お話を伺いました。

 

 

厳しいコンプライアンスのなか、会社が一丸となって「他にはないサイト」を目指した

─ 今回、ネオスがお手伝いさせていただいた「ベーリンガープラス」とは、どういったサイトでしょうか?

「ベーリンガープラス」は、ベーリンガーの製品情報や主要ブランド情報などを提供する、医師と薬剤師の方々を対象とした会員制サイトです。もともと、ベーリンガーのコーポレートサイトに製品を紹介するページはありましたが、情報の出し方がバラバラで、わかりづらかったんですね。ほとんどの製薬会社さんが自社の製品情報を提供するポータルサイトを作っているなか、ベーリンガーはそういったサイトを持っていなかったので、今回、我々が提供している主要ブランドをまとめた、医療従事者向けのサイトを作ることになりました。

 

─ 製品情報のほかにも、興味深いコンテンツが掲載されています。

製品情報をしっかりと掲載することが大前提ですが、それだけでは、お忙しい先生方に見ていただけないんじゃないかということで……我々は「医療×(カケル)」と呼んでいますが、“医療からは外れない範囲で、医療となにかを組み合わせたコンテンツ”というのを用意しました。

たとえば、手塚プロさんが提供している『ブラックジャック』の手技や手術は正しかったのか? いまでも役に立つのだろうか? など、現役の先生が対談して、該当する話を無料で読めるコンテンツ(「医療×名作検証」)や、TED Conferenceで取り上げられた医療に関するプレゼンテーションを要約して、プレゼンのプロがポイントを解説するコンテンツ(「医療×プレゼン術」)など、全部で6つ用意しています。

 

─ 発想が面白くて、製薬会社さんの製品ポータルという意味では、他にはないサイトだなあと思いました。

まさに、「他にはないサイトを作りたい」と思って取り組みましたから……正直「これは製薬企業としてふさわしい・ふさわしくない」という判断基準ってすごく厳しいんですが、「なぜ、このコンテンツが必要なのか」について、理をもって説明することで、最終的には会社が協力してくれて、一丸となって進めることができたのは大きなポイントだと思います。

 

ワンストップで物事が進むため、コミュニケーションの二度手間がない

─ サイトを立ち上げるにあたり、おもな課題はどこにありましたか?

グローバルとのコミュニケーション、これに尽きると思います。そもそもひとつの問題に対して、グローバルの動きがブラックボックスになり過ぎていて、どこに原因があるのかを分からない。また、原因が明らかであっても、きちんとロジックを組み立てて説明しないと解決に進めないんですよね。更には、ロジックを絡めていても、グローバル側にも様々な事情があるようで、簡単にはYesとは言わない。そこはかなりグローバルとやり合いました。

 

─ グローバルとのやりとりのなかで、ネオスがお手伝いできた部分はあったのでしょうか?

かなりありましたね。技術的なサポートは、すべてネオスさんにお任せしていました。我々だとどうしてもわからないことがあるので、グローバルの会議に常に同席していただきました。技術のわかる通訳の方も、ネオスさんに用意していただいて。技術面でわからないことが出てきたら、みんな一斉にネオスさんのほうを向くんです(笑)。それで、日本語で打ち合わせをして、その回答をきちんと返してもらっていました。

そういったカタチで、会議への出席を毎週……週2回のときもありましたが、3ヶ月ぐらい続けたと思います。そのおかげで、グローバルとはかなり良好な関係を築くことができたと思っています。いまでは、メールベースですが、ネオスさんが直接グローバルとコミュニケーションして、ものごとをいくつかは解決できるようになっていますから。そういう意味でネオスさんには、お手伝いどころか、パートナーとして参加していただいたと思っています。

 

続きを読む(ネオスソリューションサイトへ)

 

 

Follow Us