【クライアントレビュー】株式会社リグア
リクエストに対して、できない理由を述べるよりできる方法を考えてくれる

整骨院業界の運営・経営支援を行なう株式会社リグア様は、ネオスと協同で店舗向けO2Oソリューション『Ligoo』を展開しています。今回は、取締役副社長・藤原様に『Ligoo』とCRMサービス『LigooPOS&CRM』についての課題と今後の展望についてお話を伺いました。

 

地域医療を高次化するためアプリを使って改善する術を持っていた

─ 弊社と最初に仕事をすることになったきっかけについてお聞かせください。

もともとのきっかけは紹介なんですが、ネオスさんと初めてお会いした時に、30分ほど熱いアプローチをいただいたので、ボクからは60分熱い話を返したのを覚えています(笑)。

弊社は整骨院のサポート業務をしているんですが、まずはこの業界の話をさせていただきますと、整骨院というジャンルは、商圏範囲が非常に狭いんです。東京だったら1km圏内、大阪なら500m圏内、地方でも3~5km圏内。つまり、地域医療の根幹ですね。なのに、治療が終わって離れてしまうと患者様の健康支援ができない。そんな状態を抑止したい、というご相談をしたところ、「アプリを作りませんか?」というご提案をいただいたんです。その後、ブレストを重ねるなかで弊社とネオスさんで協業で展開しよう、という話になり、開発がスタートしました。

 

現場の声をヒアリングするため、開発者が院向けセミナーにも参加

─ 一方で、CRMサービス「LigooPOS&CRM」開発・運営を前システム開発会社様よりネオスに移管いただいております。移管後の保守・運用状況はいかがでしょうか。

 

CRMサービスは、弊社が業界でもっとも早く「再診で選ばれる院」を目指して「患者分析」「離反者の健康支援」という点に着目して開発してきた商品です。現在はネオスさんに全て面倒を見てもらってるんですが、フットワークが軽いのが良いですよね。現場の声が一番参考になる、という視点から、開発の方もセミナーにも来てもらってますし、その上でディスカッションするので話が早い。あと、お酒も強い(笑)。弊社でシステムのお付き合いをしているのは、ネオスさんで4社目なんですが、こちらのリクエストに対して、できない理由を述べるより、できる方法を考えてくれるのがありがたいです。

 

整骨院はもともと健康保険を扱う業界で、かつては資格さえ取れば経営が成り立つ業界だったんです。それが、整骨院に限っては療養費が年々下がっていって、売上になると現在は全盛期より減少傾向です。その背景には整骨院の増加があり、この16年で約2倍になってるんです。大阪に限っては大手コンビニが3,000店あるのに対し、整骨院が6,700院あるという。

整骨院は、もともと資格取得のための学校は全国で14校、毎年1,000人ぐらいの資格者しか生まれない業界でした。それが規制緩和され、自由競争ブームをうけて学校が109校に増えました。
病院の医師、歯科医師、整骨院の柔道整復師、鍼灸師、按摩マッサージ師の国家資格は、独立開業権を与えられています。単独で保険請求できるので、開業する人が増えて16年間で約2倍になっている、という状況。整骨院が増え、保険請求が厳しくなってきて、いまは治療技術はもちろんのこと、経営分析をちゃんとやらないとうまくいかない業界になっています。

 

続きを読む(ネオスソリューションサイトへ)

 

Follow Us