【開発者インタビュー】
経験豊富なエンジニアにより、AIやドローンなど最先端技術を駆使した高難度の開発を実現!

レベルの高いエンジニアが数多く集うネオスの札幌開発拠点札幌オフィス

 東京の神田に本社を構えるネオス。実は札幌にも事業所があります。札幌事業所はネオスが誇る開発先鋭部隊!経験豊富でハイレベルなエンジニアによって、最先端技術を駆使した難易度の高い開発を実現しています。
 「なぜ札幌なのか、ネオスの強みとは、今後の展望は…」さまざまな側面からネオスの札幌事業所をご紹介すべく、開発責任者にインタビューしました!

 


Key Person

札幌開発センター 磯 真査彦(執行役員)開発者インタビュー(札幌オフィス)

北海道大学卒業後、システムハウス、CGアニメプロダクション、情報セキュリティ開発会社、携帯コンテンツ開発会社、ゲーム開発会社などを経て2011年ネオス入社。札幌で開発部門を立ち上げる。

北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会副代表幹事 / 一般社団法人 アプリ開発技術認定普及協議会理事


 

─ ネオスの開発本部の構成について教えてください。

札幌オフィス社内風景 札幌オフィス社内風景

 

 

 現在、ネオスの開発本部には100名を越えるエンジニアがいます。東京の本社に約20名、札幌オフィスに約90名が在籍しており、ネオスの主要な製品やサービス、ソリューションの開発などを行なっています。札幌オフィスができたのは2011年で、数人から始まって徐々に人を増やしていき、現在の規模になりました。

 

 

 

 

─ 札幌に開発の拠点を置くことのメリットは、どんなところにあるのでしょうか?

 ひとつは、札幌の人材のレベルが高かったという点が大事なポイントです。かつて、いろんなメーカーが札幌に研究所を置いていたんですね。携帯電話を作る拠点として、多くの人たちが開発に携わっていました。ところが2011年から2012年にかけて、携帯電話がスマートフォンへと移り変わっていった時期に、エンジニアが溢れてしまったんです。カーナビの開発などの違う分野に移る人たちもいましたが、「やっぱりモバイルの開発に携わりたい」という人たちもたくさんいたので、優れた人材の採用がスムーズにできました。

 

続きを読む(ネオスソリューションサイトへ)

 

Follow Us