【クライアントレビュー】東京海上日動メディカルサービス
自身のブランドで医療分野に乗り出す姿勢が、他と代え難い

ネオスの前身となるプライムワークス株式会社が創業した2004年以来、医療分野におけるITの活用という観点から、さまざまなプロジェクトでお声掛けいただいている東京海上日動メディカルサービス株式会社様。今回、ITサービスをご担当されている加藤様に、これまでのネオスとの取り組みについて、お話を伺いました。

専門用語が通じるので、ドクターたちの信頼も厚い

─ これまでネオスにご依頼いただいたお仕事について、代表的な事例を教えてください。

ネオスさんとご一緒したお仕事はたくさんあるのですが……EAP(=Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)が代表的でしょうか。まず、『アドバンテッジEAP(株式会社アドバンテッジリスクマネジメント社との共同運営)』を開発しました。企業で働く方々を対象としたカウンセリングサービスで、WEB上で「ストレスチェック『ココロの健康診断eMe』」などを行ない、それぞれの結果に沿ってフォローしていく……場合によっては医師や臨床心理士が相談に応じるといったものになります。ネオスさんにはシステムの部分をご担当いただきました。

 

『アドバンテッジEAP』の次に、自社単独サービスの『TMS NAVIGATOR(通称:TMSナビ)』を開発しました。やはり近年、メンタルヘルスで悩んでいる方が増えてきているという背景もあり、早期発見のためにも、こういったサービスへのニーズが高まってきているのです。『アドバンテッジEAP』と『TMSナビ』は、ご利用いただく企業の規模が異なるので、答えていただく質問も、その後のフォロー、サポートの仕方も、それぞれ異なった内容となっています。

 

─ 『TMSナビ』について、ネオスが担当しているのはどの部分ですか?

システム構築とUI設計ですね。2009年にリリースして以降、ほぼ毎年のように機能の追加改善を行っています。お客様が接する画面をわかりやすくしたり、より可用性を高めるためにサーバの冗長化を行なったり。いまもまさに開発中で……今年(2015年)の12月から、従業員数50人以上(※)のすべての事業場にストレスチェックの実施が義務付けられるので、それに向けた対応を行なっています。今回は比較的大きな開発となりましたね。

※従業員数50人未満の事業場は制度の施行後、当分の間努力義務

 

─ ネオスの前身であるプライムワークス株式会社が創業した2004年当時から、御社には継続してさまざまなお仕事をご依頼いただいています。“ネオスに依頼し続ける理由”は何でしょうか?

ネオスさんの社内に、メディカルマーケットに注目している人材がたくさんいらっしゃるということが大きいですね。会社自体が医療分野に関心を持たれているというところが、他のITベンダーさんとは違う……たとえば、弊社にはドクターも在籍しているのですが、ネオスさんですと、彼らと会話をしていても専門用語が通じるんですね。一般的なITベンダーさんですと、例えば「厚労省57問」と言っても通じないので、その単語の説明から始める必要がある。そういう点で、ネオスさんはドクター達の信頼も厚く、我々も仕事がしやすいのです。

また、専門用語が通じるだけでなく、医療業界の動向にも詳しいので、そういった点も一層深い信頼に繋がっているんじゃないかと思います。

 

─ そういう意味で、御社にとってネオスは“代え難い会社”であると……。

そういうことですね。加えて「カラダマネージャー」のような、みずから医療分野に取り組まれているベンダーさんって珍しいと思います。普通はメディカルコンサルタントや製薬会社さん等がフロントに立ち、ITベンダーはそれを支援する、という構造が多いのですが、ネオスさんは自身のブランドでリスクを恐れず、医療分野に乗り出そうという姿勢を持っているところが強みだと思います。

 

続きを読む(ネオスソリューションサイトへ)

Follow Us