連結子会社のジェネシスHDと共に両社の強みを融合し、新たなデバイス・IoT事業創出を推進

 インターネット技術や各種テクノロジーの進化により、製造コストの低減および「IoT(Internet of Things)」の進展に伴うデバイスの多様化や製造ニーズが増加する中、ネオスではスマートデバイスの製造事業を営む連結子会社ジェネシスホールディングス(以下ジェネシス)と共にデバイス事業を展開しています。ジェネシスホールディングス ジェネシスは中国・深センに製造拠点を有しており、格安スマホ市場の立ち上がりのきっかけとなった「イオンの格安スマホ」を提供した事でも知られ目覚ましい成長を遂げている企業です。深センのサプライチェーンを活用することにより、顧客要望やサービス用途に応じてカスタマイズしたスマホ・タブレット等のデバイスを、小ロット・短納期・低コストでの製造を実現するとともに、日本企業向けに特化した250機種以上のODM実績に裏打ちされた多種多様な日本品質のデバイスを提供しています。

 

ODM事例ODM実績

・法人向けの専用タブレット/スマートフォン

・タクシー専用ドライブレコーダー/後部座席サイネージ端末

・飲食店セルフオーダー端末

・学習塾デジタル教材タブレット

・デジタルカメラ

・有線/無線LAN対応ネットワークカメラ

etc…

 

 また、IoTの進展に伴うスマートデバイスの多様化・ニーズの増加を背景に、スマホやタブレットのみならず、VRデバイスやAIロボットなど新たなIoTデバイスの製造・提供にも取り組んでいます。

IoTデバイス

 ネオスが持つユニークなソフトウェア技術やサービスデザイン力と、ジェネシスが持つIoTデバイスのプロデュース力を組み合わせることでネオスグループとしてのシナジーを創出し、ハードウェアからソフトウェア、コンテンツまで一気通貫で提供可能な体制を強みに、新たなIoT事業への取り組みをさらに加速してまいります。

 

ネオスとジェネシスの取り組み事例

■キッズ向けタブレット端末開発
 玩具メーカーが展開するキッズ向け端末の開発において、サービス企画からアプリ及びインターフェースの開発までをネオスが、専用端末の開発をジェネシスが手掛けた事例です。
 2社間で密に連携をとりながらソフトからハードまで一気通貫で手掛けることにより、さまざまなニーズに柔軟に対応すると同時に、より高品質なプロダクトを製造・提供いたします。

パートナー企業ジェネシスと共にIoT事業を推進IoT時代の日本のハードウェアを担う

■知育コンテンツ内蔵のタブレットを搭載した「キッズ向けIoTカート」開発
 「こどもは楽しく、ママはゆっくりお買い物」をコンセプトに、お子様用のショッピングカートに知育アプリ内蔵のタブレットを搭載した次世代型キッズ向けIoTカートを開発。知育アプリの企画・開発はネオスが、ハンドル部分に搭載するタブレットはジェネシスが手掛けています。
 ネオスの持つ知育分野やコンテンツにおけるノウハウと、ジェネシスの良質なデバイスを掛け合わせた本プロダクトにより、来店したお客様に新たなお買い物体験を提供するとともに、店舗側の販売促進・売上向上のサポートをいたします。

子育てママを応援!国内初のキッズ向けIoTカートを「リテールテックJAPAN」へ出展~知育コンテンツ内蔵のタブレット搭載カートで、新たなお買い物体験を提供~

【ジェネシスホールディングス公式HP】

https://www.jenesis.jp/

【お問い合わせはこちらから】

ネオス問い合わせフォーム

Follow Us