【お知らせ】申込好評受付中!オンラインイベント「コロナ禍における地方創生とデータ活用~V-RESASで見るデータとケーススタディ~」

V-RESAS

【お知らせ】2021年2月4日開催のvol.1 のお申し込みは締め切りました。vol.2、vol.3のお申し込みは引き続き受付中です。

 「V-RESAS(https://v-resas.go.jp/)」は、地方創生の様々な取組みを情報面から支援することを目的として、内閣府地方創生推進室と内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供するWEBサイトです。
 地方公共団体や金融機関、商工団体等において、新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響を適時適切に把握することで、観光関連施設や生活基盤等の地域資源を維持し、感染症拡大の収束後に地域経済を再活性化させていくための施策立案や遂行・改善に向けて活用されています。

 このV-RESASのデータを元に、「地方創生とデータ活用」について討論を行うイベントシリーズにおいて、この度ネオスが企画・運用を行うこととなりました。

 次回3/12(金)開催予定のVol.2では、岐阜県飛騨市長 都竹淳也氏をゲストにお招きし、実体験を基とした地域プロジェクトにおけるケーススタディ等をお話しいただきます。その他のプログラムや開催詳細は下記をご参照ください。

 

【コロナ禍における地方創生とデータ活用~V-RESASで見るデータとケーススタディ~】について

 V-RESASのデータを元に、「地方創生とデータ活用」について討論をするイベントシリーズです。
 新型コロナウイルスの影響で、モノ・コト・ヒトにどのような影響があるのかを統計家の分析を元にトピックとして選定し、マクロなデータを解析します。また、各地の行政やビジネスの現場で活躍する実践者をゲストとして招き、実体験をケーススタディとして取り上げ、実データと各分野のリーダーがそれぞれ肌で感じている情報を重ね合わせながらディスカッションをしていきます。

 当社においては、ビッグデータを活用したシステムやサービスの開発を通じて得た知見やノウハウを活かし、本イベントシリーズの企画・運用企業としてプロデュースしてまいります。

 

開催概要
形式:オンライン配信(Zoom)
参加費:無料
定員:各回1,000名※1
企画・運営: ネオス株式会社、FabCafe、株式会社ロフトワーク

 

プログラム※2

vol.2(2021年3月12日) 

18:00-18:10 イントロダクション(Takram デザインエンジニア 田川欣哉)
18:10-18:30 V-RESASから見る、地方創生とデータ活用(統計家 西内啓)
18:30-18:50 ニューリーダーが語る、地域プロジェクトケーススタディ(岐阜県飛騨市長 都竹淳也)
18:50-19:25 パネルディスカッション(都竹淳也、田川欣哉、西内啓、ロフトワーク 代表 / 飛騨の森でクマは踊る 取締役会長 林千晶)
19:25-19:30 クロージング(田川欣哉)

 

ゲストスピーカー

都竹 淳也氏

都竹 淳也
岐阜県飛騨市長

 筑波大学社会学類を卒業後、岐阜県庁に入庁。自治体国際化協会シンガポール事務所所長補佐を経て、平成11年度から17年度まで梶原元岐阜県知事・古田知事の秘書を務める。平成18年度からは総合企画部総合政策課で、現在の岐阜県政の基礎となる「岐阜県長期構想」をまとめ上げる。次男が重度の知的障がいを持つことから、自ら志願し障がい児者医療推進室長に平成25年度から就任。医療面から障がい者を支える事業に取り組む。平成28年から飛騨市長に就任し現在2期目。

 

▼参加お申し込み、第3回以降の開催概要はこちら
 https://fabcafe.com/jp/events/v-resas/

 

※1 申込多数のため各回1,000名に拡大しました。申込者が定員を超えた場合は抽選になることがありますが、現在お申し込みいただいている皆様は抽選等なく当日ご覧いただけます
※2 プログラムは予告なく変更される場合がありますので予めご了承ください。

 

<V-RESASについて>

 V-RESASは、新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響の把握、および地域再活性化施策の検討におけるデータの活用を目的とした見える化を行っているサイトです。地方創生の様々な取組を情報面から支援するために、内閣府地方創生推進室と内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供しています。

サイトURL:https://v-resas.go.jp/VRESAS

Follow Us